MENU

程よい距離感が恋愛成就の秘訣

好きな人ができると、ついつい相手を束縛したくなるものです。
いくら自分の恋人でもかわいいわがままの範囲を超えてしまうと男性は逃げたくなってしまいます。
そうならないためにはどうしたら良いかを考えてみましょう。

 

すべきという考えは捨てる

恋人だからこうしなければならないというルールを彼に押し付けてしまうと男性は疲れてしまいます。
恋人だから休みはいつも一緒にいるべき、恋人だから趣味も同じであるべきというのではなく、二人の時間と一人の時間の区別をつけることは長続きの秘訣です。
メールも同様です。
メールを送るタイミングは、急用以外なら自分が送信したいタイミングではなく、仕事が終わって彼がくつろいでいる10時すぎくらいの時間帯がベストです。

 

詮索しすぎないこと

男性の浮気を心配する女性ほど浮気をされているそうです。
その理由は、男性にとって女性の詮索と猜疑心は窮屈だからです。
せっかく恋人同士になったのですから、浮気されるのではないかとビクビクするよりも、おおらかに彼との恋愛を楽しむくらいのスタンスがベストです。

 

彼の色に染まる努力はしないこと

好きになると彼のことばかりとなってしまう女性は、一見男性から見てかわいく写りますが、実はそうでもないのです。
だんだん重くなってしまうのが本音です。

 

全てが彼優先で、彼のためにあれも我慢した、これも我慢したという姿を彼は喜びません。
彼に好かれるためにしたことというのは、彼のためではなく、自分のためです。
その違いを理解しましょう。

 

おわりに

カップルとしての基本は程よい距離感です。
二人で向き合う時間でも、二人で同じ方向に向かって歩いていく時間でも、そこには適度な風通しがあった方が視野が広がります。
恋人=自分の物ではなく、恋人だけど彼は彼という個人としての彼との距離感を保ちましょう。